自由の子ブログ

✨否認の傾向と取り組む✨

✨ 否認は、わたしたちがコントロールすることのできなかった子供時代から始 まりました。これは、わたしたちの周りにいた大人たちの暴力、混乱、不安定 さに対処するための、わたしたちの方法だったのです。わたしたちは起きてい る…

🐟中心となる課題に取り組む🐟

🐟わたしたちは独りで取りくむのではない  わたしたちは意識していようと、意識できないものであろうと、解決しなけ ればならない課題を幾つか抱えています。そうした課題に一つ一つ立ち向かっ ていかなければなりません。膨大な仕事…

🐟回復の目標🐟

🐟①ひとりで居られる。ひとりを楽しめる。 ②さびしさに耐えられる。 ③親のことで過剰なエネルギーを使わない(憎んだり、依存したりしない)。 ④自分にやさしい(あるがままの自分を受け入れている)。 ⑤他人(世間)の期待に操…

✨自分を知る✨

✨自分を知る✨自動リスト無限増殖ツールプレゼント! 自分の中の3つの私 ペアレントP 親から言われていたこと、扱われた方法が自分に乗り移ったように、他人を批判していたり、逆もしかりで、親切に優しく扱われていたり、優しい言…

🐟人間関係の再構築🐟

🐟この過程では、自己を守り、自己を傷つける相手と戦うことを学習し、トラ ウマに再び出会うことを防ぐ技術を身につけます。自分の限界をわきまえた上 で、自己に備わった力を自覚し、それを着実に伸ばすようにしていきます。も ちろ…

✨インナーペアレント」との別れ(今の自分を受け入れる)✨

✨傷ついた「内なる子供」は日本では仕事依存で家族に対しては責任を果たさ ない機能減少の父親と、家族の世話を一身に背負って機能過剰になってしまう 母親によって作られることが多いと言われています。クリスチャン家庭の中に も、…

🐟インナーチャイルド」との出会い(怒りと悲しみを受け止める)🐟

🐟  グリーフ・ワークをしていると、不意に小さいときの自分にイメージとして 出会うことがあります。「インナーチャイルド」は超自然の現象ではなくて、 無意識のうちに否認され無視し続けられてきた「内なる子供」の記憶の一部で …

※グリーフワークの各過程※

第一相  警戒と否認が目立っており、感情が表れることは少なく、涙や怒りは少なく て、淡々と語られることが多いです。 第二相  「喪失とトラウマ」が表面に出て、これに伴って、身体的な痛みや、不調 感、無力感などが表れます。…

★グリーフ・ワーク(トラウマを思い出す・喪の作業)★

 安全な場所の確保ができると、回復の作業の中核である「喪の作業」に入り ます。治療者との間で行ったり、グループで行ったりします。失ったものを嘆 く時間や過程は絶対に必要です。この時に表れる悲しみや怒りを、周囲の人々 は、…

✨「エンパワメント」ということ✨

✨傷ついた内なる子供が回復していくためには、自分の力を自覚することが大 切です。このパワー(力)は自分の短所も長所も正直に認めて、それを肯定す る力のことです。自分の持っている長所を伸ばし、短所を捨てていくパワーが 自分…