メイクセラピー

メイクセラピー

心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法で、化粧療法の一環として位置づけられます。
単に外見をキレイにするだけでなく、心理カウンセリングによって、メンタルサポート(心理的援助)することを目的としています。

メイクセラピストは、色彩学や印象分析の理論を備え、目の錯覚効果やコスメの質感を活用したメイク技術で「なりたい自分になる」ための印象を変えるメイクアップを提供します。
そしてメイクによって新たな印象へと変化したことに伴う心理面のケア、行動のサポートを行います。

メイクセラピー

メイクによって外見の印象が変わると、心にも変化が起こります。
これまで持っていたネガティブな思い込みが解消され、自己評価が高まり、新たな魅力や可能性の発見にもつながります。

メイクセラピーは美容・医療・福祉などの分野で活用できるほか、一般の女性が自らの日常生活、そして未来を豊かに輝かせるためにも効果を発揮できる技法です。

メイクセラピーの流れ

コンプレックスを聞く

どのような自分になりたいか聞く

どうしたらメイクで理想の自分に近づけるか一緒に考える

ビフォー写真をとる

クライアントさんにメイクする

アフター写真をとる

 

LINE@

ライン@登録でお試しプチメイク💄
出来ます!