ぴ~ちゃんの成長日記

自分の人生を生きるために

私が思う、私の重大な欠点を3つあげたいと思います。 肝心なことを言わない、タイミングが悪い 本当は嫌なのに、イヤイヤ従う 自分の意見を言わないといけない場面では、頭が真っ白になる 実家での私は、波風立てないように生きてい…

教育について

子育て、仕事を通して考える機会がありました。今までの私は、教育とは怒ることだと思っていました。どうやら違うみたいなので、私なりに思ったことをまとめます。 自分が代わりにやることは簡単だけど、自分がやってしまうと相手の成長…

ピーちゃんの成長日記 小さい頃のごはん

私が小さい頃、食卓にはキャベツの外側の葉っぱ、煮干が入ったまままの味噌汁、父が釣ってきた魚の刺身など嫌いなものが出ることがありました。「栄養があるんだからね」「高級なんだからね」と親から言われていて、私は嫌と言えませんで…

人と堂々と話す ぴ~ちゃんの成長日記

この頃の目標は、思ったことをそのまま話すこと、人と堂々と話すことです。 人と話している時にああ言えばばよかった、こう言えばよかったなどと思うことがあります。話そうと思ったことと違うことを話してしまって、相手に伝わるように…

料理について

私は、これまで自分で料理を作ることに自信がありませんでした。自分で作った料理がおいしいと思えなかったからです。自分で作ったおいしくないものを食べるより、人が作った美味しいものを食べたいという思いがありました。 今の家族で…

父のこだわり

父のこだわり 自分の食のこだわりを考えていると、父の食のこだわりに影響されている部分があると気がつきました。 私の父は、戦後生まれなので食料の少ない時代を生きてきました。父は質より量、安ければ安いほどいい、十分なストック…

無茶食い

無茶食い 無茶食いは中学生の頃から始まりました。夕食後に勉強しながら、お腹は空いていないのにメロンパンを食べていました。毎日ではなかったように思います。専門学生の頃は、カントリーマァム、源氏パイ、ポテトチップスやカロリー…

交流分析のストロークについて

人が他人を認める行為を交流分析ではストロークと呼びます。ストロークとは、日本語にするとふれあい、かかわりのことです。こちらのサイトに詳しく記載されています。 http://www.dokidoki.ne.jp/home2…

無謀な運転

無謀な運転 20代の頃は、無謀な運転をすることが多くありました。イライラしているときには前の車をあおる、細い道でも譲りあうことができない、一時停止で止まらない、速度違反などなど。 もともと、免許を取るときに実技で苦戦した…

看護における境界線

看護の仕事は、自分と他人(患者さん、同僚など)の境界線が曖昧になりがちな職業だと思います。 患者さんのためを思って動くと入り込みすぎてしまい、家に帰ってからも考えていることがありました。私は、入り込むくらいでないと真剣に…